ご訪問ありがとうございます☆(^−^)

2008年02月03日

入江選手、200バックで日本新優勝!!

競泳のコナミオープンは最終日の27日、兵庫県西宮市のコナミスポーツクラブ本店西宮で、男女16種目の決勝を行った。
 男子二百メートル背泳ぎで、大阪・近大付高3年の入江陵介(イトマンSS)が1分56秒53の日本新記録で優勝。中野高(ミズノ)が持つ従来の記録を0秒64更新した。同二百メートルバタフライは松田丈志(ミズノ)が1分56秒50で制し、04年アテネ五輪銀メダルの山本貴司(近大職)は1分57秒58の2位だった。
 女子四百メートル自由形は、矢野友理江(コナミ西日本)が4分12秒62で制覇。柴田亜衣(チームアリーナ)は4分12秒88で、八百メートル自由形に続き、矢野に敗れての2位に終わった。〔毎日新聞より〕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080128-00000003-maip-spo

こんな記事も!

競泳:軸ぶれずセンスの良さも 一躍脚光、18歳の入江

次代のスターの予感がする。競泳界の新鋭・入江陵介(イトマンSS)が、また快挙をやってのけた。兵庫・西宮のコナミスポーツクラブ本店西宮で開かれたコナミオープン。入江は最終日の1月27日にあった男子200メートル背泳ぎで1分56秒53の日本新記録を樹立し、北京五輪の新たなメダル候補として名乗りを挙げた。

 1月24日に18歳になった入江は、大阪・近大付高の3年生。一躍脚光を浴びたのが、06年12月のドーハ・アジア大会だ。200メートル背泳ぎを1分58秒85の当時高校新記録で優勝した。以後は破竹の勢いで、道浦健寿コーチは「神がかり」と評する。〔毎日新聞より〕

http://mainichi.jp/enta/sports/general/news/20080202k0000e050008000c.html

ダイエットスイマーのお気に入り『入江選手』。

おめでとうございます!!

18歳で日本新とは、素晴らしいですね☆

いい子いい子したい!!

      (´Д`) メイワク デス!

入江選手のバックの泳ぎ、

ほんとうに軸がぶれてないんですよね・・

あんなに速いのに!!

そして美しい泳ぎ!!

そしてこの若さ!!

極めつけは、この笑顔〜〜!!

おばさんにはたまりません

今年の五輪オリンピックでは、この調子でがんがんに頑張ってほしい☆

応援しています♪(^ー^)

ガンバレ日本競泳陣☆☆☆

ダイエットスイマーのひとり言でしたパンチ

みんなで五輪応援しよう!ぽちっ 人気ブログランキングへ

posted by きららママ☆ at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水泳
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック